Monthly Archive: 5月 2013

インド市内からフマユーン廟 (Humayun’s Tomb) へ行く方法

インド市内から、フマユーン廟(ムガル帝国の第 2 代皇帝フマーユーンの墓)へ行く方法を紹介します。

フマユーン廟周辺には残念ながら地下鉄(デリーメトロ)の駅はないので、バス、タクシー、オートリキシャーで行くことになります。例えば、市内中心部のコンノートプレース (Connaught Place) から移動するようなケースで、1-2 人の場合はオートリキシャーですと、15-20 分程度でつくので便利です。なお、一番近い駅は「JLN Stadium」駅ですが、1.5 km 程度歩く必要があります。

オートリキシャーの場合、運賃はメーター制ではなく交渉次第なので、2-3 人のドライバーに聞いてみて、少し値切ってみて安い価格を提示したドライバーに載せてもらうのが良いかなと思います。目安としては、1km あたり 7 ルピーです。

フマユーン廟の入口

フマユーン廟
20130429142916

フマユーン廟の外から
20130429140854

オートリキシャーの車内から
20130429140147
排気ガスでかなり空気が悪いですが、風がかなり気持ち良いです。

インドのデリー市内から Red Fort (赤い城) に行く方法

先日、Red Fort (レッドフォート、赤い城) へ行きましたので、公共交通機関を使って行く方法を紹介します。

地下鉄(デリーメトロ)の最寄り駅は、Yellow Line の「Chandni Chowk (チャン二ーチョーク駅)」です。ここから、歩いて 10 分程度です。

Chandni Chowk 駅から Red Fort までの道 (1)
20130429181757
道の周辺には路上生活者があちこちにいる他、果物やアイスクリーム、ソーダを販売している屋台が多くあります。

Chandni Chowk 駅から Red Fort までの道 (2)
20130429181803
オートリキシャーやたくさんの自動車、バイクが無秩序に走っているので、歩く際は注意する必要があります。

Red Fort 正面
20130429183820
敷地に入って左側の小屋でチケットを購入してから入館できます。思ったよりかなり大きい建物です。

インドのバンガロールで腹痛になり病院へ行った

インド旅行中に、朝起きたら原因不明の腹痛 (食中毒?食あたり?) になりお腹を下し、高熱と吐き気に見舞われ、今まで経験したことのないくらいの痛さだったので、ホテルのフロントで救急病院を教えてもらい、ホテル近くの病院で診てもらいました。

病院へ着いたのは朝 8:00 頃でしたが 24 時間受け入れ可能な病院だったようで、受付で英語で症状を伝えると、急患用の部屋に案内され、すぐに点滴を 2-3 本打たれました。

診てもらった病院 (Fortis Hospital Bangalore Cunningham Road)

処方箋をもらい、外の薬局で薬をもらいました。最初、注射器と注射薬を出されましたが、注射など自分で打てないので、処方箋を書き換えてもらって錠剤に変えてもらいました。この薬ですが、かなり効き目が強いみたいで、日本では売っていないらしく、知り合いの日本人の薬剤師に聞いても知らないそうでした。

medicine-bangalore

治療費はかなり安く、薬代込みで約 2,000 円ほどでしたが、事前に申し込んでおいた旅行傷害保険で全額戻ってきました。(保険請求用のために、診断書はもらったほうがいいです、私の場合頼んでもないのに書いてもらえましたが)。また、意外にも病院でも薬局でもクレジットカードが使えたので、助かりました。

点滴と薬がかなり強い効き目だったのか、運良く数時間後には痛みも取れたので、午後、バンガロール市内を少し観光して帰国しました。また、病院で使う英会話もたまたま英会話スクールで習っていて知っていたので、実際に使うこともできて非常にラッキーでした。

ホテル 交通 観光 トラブル 検索!  海外旅行の英会話
エートゥーゼット
日本文芸社
売り上げランキング: 418,521