CDexのインストール方法と日本語化

あわせて読みたいブログパーツ
追記(2008/01/04):
このページはバージョン 1.51 のものです。
CDex 1.70 のインストールと日本語化はこちら。

「音楽CDをMP3ファイルに変換したいけど、どうしたらいいかわからない」
と尋ねられたので、とりあえず使い慣れている、オープンソースのリッピングソフトCDexを紹介したのですが、インストール方法と日本語化について詳しく解説したサイトがなかったのでここで解説。

1. CDexをダウンロード
CDexのサイト内のDownload( http://cdexos.sourceforge.net/?q=download )のページにアクセス。

ダウンロード画面
2007年7月1日現在の安定版、バージョン1.51をダウンロードします。
InstallerとZip Archiveの2種類がありますが、通常はInstallerを選びます。
Windows 2000,XP,Vista の場合は、図の赤枠のリンクを押せばダウンロードが始まります。


警告バー
Internet Explorerの場合、このようなメッセージが表示されることがあります。

警告バーの対処
そのときは、メッセージをクリックして、「ファイルのダウンロード」を押します。

セキュリティの警告
「実行(R)」を押します。

セキュリティの警告
このような警告が出ることがありますが、「実行する(R)」を押してかまいません。

2. CDexのインストール
英語です。

インストール画面1
「Next」を押します。

インストール画面2
設定をいじる必要はないので、「Next >」を押します。

インストール画面3
CDexをインストールする場所を聞いてきますが、通常はそのままでいいので「Install」を押します。

インストール画面4 style=
このような画面になったらインストール完了です。readmeファイルを読むか、と聞いてくるので「いいえ」を押します。

以上でインストールは完了です。

3.起動してみる
アイコン
デスクトップにアイコンが出来ているはずなので、ダブルクリックして開きます。

wnaspi.dllがない場合のエラー
このようなメッセージが表示されたら、「はい(Y)」を押してください。

CDex起動画面
CDexが起動します。確認したら、CDexを閉じます。

4.日本語化
CDex1.51用 日本語LanguageFileをダウンロードして解凍します。

解凍したファイルの中身
解凍すると、japanese.cdex.lang というファイルが出てきます。

コピー先フォルダ
これをCDexをインストールしたフォルダのlangフォルダにコピーします。
コピー先のフォルダは、特に設定を変えていなければ、C:\Program Files\CDex_150\lang です。
「マイコンピュータ」→「(C:)」→「Program Files」→「CDex_150」→「lang」の順にたどります。

japaneseに設定
CDexを再び起動し、ツールバーの「Options」→「Language」→「japanese」の順に選択します。

バージョン1.51では、日本語Languageファイルは別配布になっていますが、1.70(現時点ではベータ版)は日本語LanguageファイルがCDex本家でも配布されているようです。

以上で日本語化は終わりです。
何か、分からないことや間違っているところがありましたらメールください。

  • ブログSEO対策 : track word 
  • _ 
  • _ 
  •  
  •  

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://thira.plavox.info/cgi-bin/mt5/mt-tb.cgi/22

コメント

Luna:

ありがとうございます!
おかげで無事インストールできました!

川村ボン:

できなかったインストールができました。

コメントを投稿






画像の中に見える文字を入力してください。